買収 しっとりとしなやかな素上げ調のヌメ革 牛ヌメ革 A4サイズ 茶 ブルガノ 1890円 「しっとりとしなやかな素上げ調のヌメ革」 牛ヌメ革【A4サイズ】ブルガノ/茶 日用品雑貨・文房具・手芸 手芸・クラフト・生地 レザークラフト材料 革 買収 しっとりとしなやかな素上げ調のヌメ革 牛ヌメ革 A4サイズ 茶 ブルガノ 「しっとりとしなやかな素上げ調のヌメ革」,tsubomi-glass.com,日用品雑貨・文房具・手芸 , 手芸・クラフト・生地 , レザークラフト材料 , 革,牛ヌメ革【A4サイズ】ブルガノ/茶,/dwarfishness1973674.html,1890円 1890円 「しっとりとしなやかな素上げ調のヌメ革」 牛ヌメ革【A4サイズ】ブルガノ/茶 日用品雑貨・文房具・手芸 手芸・クラフト・生地 レザークラフト材料 革 「しっとりとしなやかな素上げ調のヌメ革」,tsubomi-glass.com,日用品雑貨・文房具・手芸 , 手芸・クラフト・生地 , レザークラフト材料 , 革,牛ヌメ革【A4サイズ】ブルガノ/茶,/dwarfishness1973674.html,1890円

買収 しっとりとしなやかな素上げ調のヌメ革 牛ヌメ革 A4サイズ 茶 ブルガノ 新作販売

「しっとりとしなやかな素上げ調のヌメ革」 牛ヌメ革【A4サイズ】ブルガノ/茶

1890円

「しっとりとしなやかな素上げ調のヌメ革」 牛ヌメ革【A4サイズ】ブルガノ/茶





■商品説明
ブルガノは、イタリア産・牛ショルダーで全7色のヌメ革です。オイルを含み、しっとりしなやかな素上げ調の手触りが特徴。時間が経つほどに艶やかに輝きだすエイジングが楽しめます。オイルドレザーのため重量感があり、深みのあるシックなカラーバリエーションです

■商品情報
特徴:しっとりとしなやかな素上げ調のヌメ革
産地:イタリア/コンセリア800社
種類:ブルガノ
カラー:茶
厚さ:約1.0・1.3・1.8mm

■牛ヌメ革の品質目安
・つや:普通
・オイル:多い
・かたさ:やわらかめ
・経年変化:強め
※牛ヌメ革の品質目安の詳しい説明

■関連用語
[コンセリア800社(CONCERIA800)]
1970年代の終わりにイタリア・サンタクローチェで創業し「ブルガノ」などを生産しているタンナーです。フランス産の原皮を使用してトスカーナ地方の伝統的な技法であるバケッタ製法を用いて良質な純植物タンニン鞣し革のみを生産しています。ヨーロッパの有名ブランドにも使用されており革の仕上がりや風合いは最上級とも言われています

[四角切革(各サイズ)]
四角切革(各サイズ)は、大きさ(表示されている縦×横のサイズ)が選択できます。必要な大きさと厚みなどを選択できるためレザーマニアでは人気の販売方法です
※サンプル用の名刺サイズは、革ひもや金具を通せるように直径5mmの穴を1つ開けています。質感やおおよその色味を確認するためのサンプルとしてご利用いただけます

■革漉き加工
レザーマニア市場店では、革漉き加工をお受けしていません

■取扱い区分
定番品(品切れでも再入荷する商品です)
※再入荷時期は未定です。ご予約や個別の入荷連絡などは行っていません

■注意事項
当社規定により程度の悪い部位を避けて切革にしていますので安心してお使いいただけます
・天然皮革のため、傷、シワ、擦れ、厚さの変化、漉き筋、経年変化、汚れなどがある場合があります
・ヌメ革のため、色ムラ・色移り・退色・色焼・色落ちなどがあります
・裏面にds数の記載や印字、漉きムラ、染色ムラ、汚れなどがある場合があります
・入荷する時期やロット、部位によって、質感や色合いは異なります
・切革のため柄や部位は全て異なります。指定する事はできません
・革はお客様都合での返品・交換をお受けできません
・閲覧環境により画像の色が異なる場合があります

「しっとりとしなやかな素上げ調のヌメ革」 牛ヌメ革【A4サイズ】ブルガノ/茶

大正ロマンを象徴する画家 竹久夢二デザインの風呂敷大胆な柄いき、独特の色合いがオシャレ 竹久夢二 風呂敷 ふろしき 大判 二四巾 90cm巾 フロシキ 綿 綿100% バッグ むす美 山田繊維 枝梅 バラ まめ 四葉とどくだみ つばき ベージュ 赤 おしゃれ かわいい 和風 メール便 送料無料 贈り物 プレゼント ギフト | アクセス | お問い合わせ
  • 教員紹介
  • 入試情報・学生生活
  • Dr.VOICE 犬用 猫用 ドクターヴォイス ハーブリンスインシャンプー 300ml
  • 閉じる
    • 中高生対象! 特別講演会を開催

      11月3日(水・祝)に,中高生を対象とした名古屋市立大学と名古屋市科学館のサイエンスパートナーシップイベント(講演会)を開催します。大学の理系教員と科学館の学芸員が「生命科学」の魅力をお伝えします。